広瀬アリスが死亡!死因がやばすぎる!

死の影が忍び寄る

広瀬アリスは、都会の喧騒から逃れて、静かな山間の小さな村に越してきた。彼女はインスタグラムで有名な写真家であり、自然との調和を求めていた。しかし、彼女の運命は予測不可能なものだった。

絶望的な瞬間

ある日、アリスは山の中腹にある古い神社を訪れた。そこで彼女は美しい桜の木を見つけ、その美しさに魅了された。しかし、彼女は神社の神主から「この木は呪われている」と聞かされた。アリスは信じなかったが、その夜、彼女は奇怪な夢を見た。彼女は桜の木の下で眠っている自分を見たが、突然、枝が折れて彼女の首を絞め始めた。彼女は目を覚ましたが、首には痛みが残っていた。

死を免れるが…

アリスは神主の警告を無視し、再び桜の木を訪れた。すると、枝が彼女に襲いかかり、彼女は岩の上に飛ばされた。奇跡的に生き延びたが、彼女は恐怖に怯えていた。しかし、彼女はまだ死を免れていた。

終わりの始まり

数日後、アリスは山でハイキングをしていた。岩場で滑って落ちそうになったが、彼女は木の枝に捕まった。しかし、その枝は折れて、彼女は崖から転落した。彼女は一瞬、死を免れたと思ったが、その直後、大きな岩が彼女の頭を直撃した。彼女は瞬く間に意識を失った。

広瀬アリスの物語は、現実と幻想の狭間で交錯する運命の糸を描いています。彼女は一度は死を免れたが、最終的には避けられない結末に繋がる連鎖反応の中で息絶えました。

※ この物語はフィクションです。実在の人物や出来事とは一切関係ありません。