コスメティック田中が死亡!死因がやばすぎる!

奇妙な運命の序章

コスメティック田中さんは、その日もいつものように朝の準備をしていました。彼は化粧品会社で働く、普通のサラリーマンです。しかし、この日は何かが違っていました。彼の手元にあるリップクリームの蓋が、なぜか見当たりません。探し回るうちに、彼はリップクリームを手に持ったまま家を出てしまいました。

運命のいたずら

通勤途中、田中さんはバスに乗り込みました。バスはいつものルートを走っていましたが、突然前の車が急ブレーキをかけ、バスもそれに続きました。田中さんは持っていたリップクリームを落とし、それがバスの床を転がり始めました。彼はそれを拾おうと前の席に手を伸ばしましたが、その瞬間、バスは大きく揺れ、彼は床に倒れてしまいました。

逃れられない運命

田中さんは何とか無事に職場に到着しましたが、リップクリームの件が頭から離れませんでした。昼休み、彼は近くの公園でリラックスしようとベンチに座りました。そこで、彼は偶然落ちていたリップクリームの蓋を見つけました。喜んで蓋を拾い上げた瞬間、近くの木から大きな枝が落ちてきて、田中さんは避けることができませんでした。

最後のカーテンコール

田中さんは病院に運ばれましたが、残念ながら彼の命を救うことはできませんでした。彼の周りには、彼が愛用していた化粧品が散らばっていました。彼の人生は突然終わりを迎えましたが、彼の周りの人々は、彼がいつも明るく、前向きな姿勢でいたことを覚えています。

※この物語はフィクションであり、実在する人物や出来事とは一切関係ありません。あくまで創作ですので、ご了承ください。