president

現在決まっている新総裁岸田文雄氏の人事状況をまとめてみた!

  • 2021年10月1日
  • 2021年10月1日
  • 政治
  • 20view
president

岸田文雄氏が新総裁(首相)となりましたね!

しかし、選挙で火花を散らした他3人も岸田さんのことを慕われているようで、彼が選出されたことを友好的に受け止めており、それぞれで後押しする意向を示しています。

首相が変わり、現在の内閣や自民党役員などの割当がどうなるのか気になる方もいますよね。

今回は、現時点で新総裁によって発表されている人事をまとめてみたのでご紹介します!

新官房長官に元文部科学大臣を任命

politician-new2

まず内閣の超重要ポストである官房長官には、元文部科学相の松野博一氏が任命されました。

松野さんは一体どんな経歴をお持ちなのか簡単に見ていきましょう♪

衆議院文部科学委員長
厚生労働大臣政務官
文部科学副大臣
文部科学相
最終学歴はは早稲田法学部卒業、とかなりのエリートですね。
2000年の第44回衆議院議員総選挙にて初当選しています。
2017年には文部科学相として、これからの一時代を築く受験生を苦しませる発端となった「大学入試共通テスト」の実施を決定しています。笑
松野博一氏は岸田新総裁のことを、「誠実な人柄・見識」という風に評価しており、お二人の親交の深さが伺えますね。

関連記事

総裁選に出馬する野田聖子さんについて、取り上げていきます。「当選するのは私以外の誰かだろう」と、投開票を目前にして弱音をこぼした野田氏ですが、現在彼女は自民党の中でどの派閥に所属しているのでしょうか?また、彼女が関わった派閥[…]

politician-new

新幹事長に元特命担当大臣を任命

working-new

岸田氏が新幹事長として任命したのは甘利明氏です。

労働大臣
経済産業大臣
特命担当大臣
通商産業政務次官

甘利明氏の存在自体は、河野氏を尻目に岸田氏を忖度しているといった内容のニュースが最近出ていましたね。
そういう訳で、甘利氏が岸田市を応援していたことは言うに及びませんね。

元幹事長代理の野田聖子氏は、岸田氏のお眼鏡に叶わなかったと見られますね。
個人的にはそのままスライド式に昇格するのかなとも思っていましたが。

野田氏はインタビューで、岸田氏を「同期であり、とても誠実な方」と好意的に評価しています。
続くインタビューでは「役員などへの要請があれば、党としてできることを頑張りたい」とコメントしています。

関連記事

自民党の甘利明さんは、岸田文雄さんに加勢している一方で、河野氏の当選を阻止しようとしているという風に囁かれていますね。そもそもお二人は、麻生派という自民党の中でも同じ派閥に属していますが、こうしたイザコザが不思議と起こるものなのですね.[…]

politician2

新政務調査会長に元総務大臣を任命

newpolitician

岸田氏は新政務会長に高市早苗氏を任命しました。

高市氏も、今回の新総裁選に挑んだうちのお一人ですね!

ここで、高市氏の経歴を簡単にご紹介します。

総務大臣
特命担当大臣
政務調査会長(第55・60代)
高市氏は、過去にも政務会長に務められていました。
安倍カラーとも揶揄されるほど、安倍政権の意向が色濃く反映されている岸田さんにとって、安倍さんから強く支援された高市さんを重要ポストに起用するのは自然なことでしょう。
関連記事

日本労働組合総連合会会長・神津氏の後任として選出された副会長・芳野友子(よしのゆうこ)さんについて、経歴やこれまでの実績も気になりますよね。そこで今回は、芳野さんが一体どんな方なのかをご紹介していきます。芳野友子の経歴[…]

working-support

新広報本部長に元防衛大臣を任命

paperworking

岸田氏は広報本部長に河野太郎氏を任命しました。

河野氏もまた、今回の新総裁選で岸田氏と競い合った方ですね。

河野氏のプロフィールをご紹介します!

防衛大臣
外務大臣
特命担当大臣
総務大臣政務官
法務副大臣
岸田氏と河野氏は決選投票ではバチバチでしたが、岸田氏は有能な方は積極的に取り込んでいくスタンスですね。

河野氏は、某ニュース番組のインタビューにて「安倍・菅内閣がやってきたことを自身も追行する」とコメントされています。

最後に

現時点で新総裁である岸田氏が役員候補として発表しているのは以上のお四方ですね。

新首相には第二の安倍政権として、全時代のようにより安定した世の中に変えていってもらいたいですね!