おくりびと青木が死亡!死因がやばすぎる!

おくりびと青木の日常と死亡の予兆

おくりびと青木は、普通のサラリーマンで、毎日の生活は平凡でありながらも、彼自身はそれを楽しんでいました。しかし、ある日、彼の日常は一変します。彼が朝のコーヒーを淹れるためにキッチンに向かったとき、彼は気づかずに自分の足元に散らばったビーズを踏んでしまいます。これが彼の運命の連鎖を開始するきっかけとなりました。

死亡への道のり

ビーズを踏んだ青木はバランスを失い、手元にあったコーヒーカップが飛び出し、壁に当たって割れます。その破片の一つが、部屋の中にあった大きな鏡に当たり、鏡が割れてしまいます。割れた鏡の破片が、部屋の中にあった大きな水槽に落ち、水槽が破裂します。水が床一面に広がり、青木は滑って頭を打ってしまいます。

死亡への抵抗

青木は、自分が死に向かっていることを理解し、必死に抵抗します。彼は立ち上がり、水を拭き取ろうとしますが、その動きが逆に床をさらに滑りやすくしてしまいます。彼は再び滑ってしまい、頭を強く打ってしまいます。しかし、彼はまだ生きています。彼は再び立ち上がり、今度はゆっくりと動き、何とか立っていることができます。

おくりびと青木の死亡

しかし、その時、彼の頭上から、天井から吊るされていた大きなシャンデリアが落ちてきます。彼はそれを避けようとしますが、床が滑りやすくなっていたために動けず、シャンデリアは彼の頭を直撃します。彼はその衝撃で倒れ、そのまま息を引き取りました。

※この記事はフィクションです。実在の人物や事件とは一切関係ありません。