天喜セーラが死亡!驚愕の結末【まとめ】

a

天喜セーラの日常と死亡の連鎖

天喜セーラは、普段から何気ない日常を送っていました。ある日、彼女がキッチンでコーヒーを淹れている最中、突然、コーヒーメーカーが故障しました。その結果、コーヒーが溢れ出し、床が滑りやすくなりました。

滑稽な死の始まり

セーラは床が滑りやすくなったことに気づかず、そのままキッチンを出てリビングへ向かいました。その途中、彼女は滑って転び、頭を壁に強く打ちました。しかし、彼女は幸運にも一命を取り留め、すぐに立ち上がりました。

死の予兆

しかし、その後の出来事は彼女の運命を一変させました。彼女が頭を打った衝撃で、壁に掛けてあった大きな絵画が落下しました。絵画は彼女の足元に落ち、その鋭いフレームが彼女の足を深く刺しました。

天喜セーラの死亡

絵画のフレームが足を刺した衝撃で、セーラは再び転倒しました。そのまま彼女は床に倒れ込み、頭を再び壁に打ちつけました。しかし、今度は彼女は立ち上がることができず、その場で息を引き取りました。

※この記事はフィクションです。