Vポイントが統合!楽天経済圏のままで良いの?やめた方がいい?

  • 2022年10月4日
  • 2022年10月20日
  • 未分類
  • 63view

TポイントとVポイントが統合!

 

 

 CD・DVDレンタル・書店「TSUTAYA」などを展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)と三井住友フィナンシャルグループ(FG)が、ポイント事業を統合する。CCCの「Tポイント」と三井住友グループの「Vポイント」に代わる新たなブランドを作る。会員数は単純合算で計1億2200万人となり、国内最大級の「ポイント・決済経済圏」が誕生する。 「Tポイント」と「Vポイント」を統合、国内最大級の新ブランド誕生へ

ポイ活が生活の一部になっている方に朗報です!

使える場所が減ってしまい、もう時代遅れと思われていたTポイントが再起を図ろうとしています。

まだ、詳細は決まっていない模様です。続報を待ちましょう!

手を組んだらどうなるの?

 

日本では楽天ポイントが一番利用者がいるかと思っていました。

今回の新ブランドがうまくいけば、楽天グループも青ざめる大きな勢力になりそうです。

私個人的にはPontaユーザーが意外といることに驚いています。

Vポイントはどこで使えるの?

Vポイントは、銀行の各種サービスやお得なキャンペーンなどで貯まる、SMBCグループ共通のポイントです。
振込手数料割引や景品交換で使えるほか、Vポイントアプリを使えば店頭やネットショッピングのお買い物で便利にお使いいただけます。

Vポイントの貯め方・使い方

Vポイントはどうやら、TSUTAYA等の決まった店舗のみで貯まるのではなく、決済方法のようです。

店舗にかかわらず、使った分だけポイントがつくのはうれしいですね^^

貯まったポイントはどうしたら良い?

今日現在、貯まったVポイントは他社のポイントに交換できそうです。
手数料がかかってしまうのが難点です。
Vポイント「使い勝手悪そうだなぁ」と思ってしまいました。
インターネットバンキング(SMBCダイレクト)の他行振込手数料の割引として利用

他行振込手数料としてポイントが使えるみたいなので、これは良いですね。

 

今後の動向に注目ですね!

TポイントとVポイントが今回手を組んだことにより、他社のポイントシステムが改善されることが予想されます。

これは選択肢が多すぎて、財布の中がポイントカードで一杯になってしまいそうですね。

ユーザー各自が、自身にとって一番最適なポイントシステムがどれか見極める必要があります。