politics

18歳以下給付金のもらい方は?条件や申請期限も紹介!

  • 2021年11月10日
  • 2021年11月10日
  • 政治
  • 74view
politics

自民党・公明党両者でほぼ合意が取れたとされる「18歳以下給付金の支給」。

今回の給付金10万円の支給方法は、現金5万円・クーポン5万円となるということです。

今回は、18歳以下給付金のもらい方、もらえる条件や申請期限についてご紹介していきます。

この記事で分かることはこちら!

・給付金の申請方法

・受給の条件

・申請期限

18歳以下給付金のもらい方は?

benefits

まずはじめに、今回の給付金制度での申請方法については、現時点では公式では発表されていません。

しかし、去年実施された「特別定額給付金制度」の申請方法と、大きく異なることはないと考えられます。

というわけで、例に習って申請方法のおおよその流れを見ていきます。

2つの申請方式

給付金の申請方式には2種類あります。

1つは市役所経由で申請する「郵送申請方式」、もう一つはマイナンバーポータルサイトから申請する「オンライン申請方式」です。

それでは1つずつ詳しく見ていきましょう♪

郵送申請方式

まずお住まいの市区町村から申請書が世帯主宛に送られてきます。

こちらの申請書に必要事項を記入し、市役所に返送すれば申請完了ということです。

郵送の場合、以下のものが必要となってきます。

・本人確認書類

マイナンバーカード・運転免許証・健康保険証など

・振込先講座の確認書類

市区町村から申請書が郵送される時期は、おすまいの地域によってまちまちとなっています。

特別定額給付金制度」が2020年4月27日に閣議会で決定されました。(基準日

相場としては、基準日から2週間〜1ヶ月内に申請書が郵送されているようです。

詳しい郵送状況は、お住まいの地域のホームページよりご確認いただけます。

また、郵送による申請期間に関しては、市区町村から申請書が発送された日より申請終了日(8月25日)まで受け付けている地域もあれば、終了日の10日前くらいに受付を終了しているところもありました。
繰り返しになりますが、郵送方式では申請期間が地域によってバラツキがあるのでホームページの確認が必須となってくるようです。
オンライン申請方式
オンライン申請方式では、マイナーポータルという行政手続きなどが容易に利用できるオンラインサービスを利用します。
こちらの申請方式で必要なものは以下となっています。

・マイナンバーカード

・マイナンバーカードがスキャン可能なスマフォ/pc

・振込講座の確認書類

また、マイナーポータルでの申請期間に関しては、やはりこちらもお住まいの地域によってバラツキがあります。
特別定額給付金制度自体のオンラインでの受付期間は5月1日〜8月25日となっています。
しかし、市区町村の受付終了日が10日前となることもあるようです。
オンライン申請方式でも、やはり地域のホームページの確認が必要となってきますね。

マイナーポータルは、マイナンバーカードをお持ちの方限定となっています。

マイナンバーカードをすでに持っていて、マイナーポータル未登録の方はこちらから利用者登録できます♪

関連記事

日本維新の会より、近畿比例で当選を果たした堀場さち子氏について取り上げていきます!堀場氏は今回の当選が初となる新人の女性政治家ということです。女性政治家で最近有名なのは、高市早苗氏や野田聖子氏などがいますが、自民党の彼女たち[…]

female-politician-new

18歳以下給付金がもらえる条件は?

conditions

現時点では、受給条件は完全に決まってはいませんが、ほぼ決定事項であることについて調べてみました!

・18歳以下の大学生以外

・世帯主年収が960万円以下

世帯収入ではなく、世帯主年収ということで、世帯主の収入のみが反映されている点について不満の声もあがっています。