【大統領追放】【値上げラッシュ】国民をどれだけ働かせる気?日本政府はブルキナファソにも経済援助していた!

  • 2022年10月7日
  • 2022年10月10日
  • 政治
  • 55view

ブルキナファソで大統領が追放されてしまいました。

 

トーゴ政府は3日、隣国ブルキナファソで発生した反乱軍によるクーデターで権力の座を追われたダミバ大統領が、トーゴに逃れたと認めた。

クーデターのブルキナファソ

情勢が目まぐるしく変わる今日この頃ですが、今度はブルキナファソの大統領が追放されてしまいました。

昨今の情勢上、海外旅行に行くのが難しいのが現状です。

しかし将来訪れたくなるかもしれない未知の国。

ブルキナファソについて調べました。

ブルキナファソってどこにあるの?

 

ブルキナファソ(フランス語: Burkina Faso)は、西アフリカに位置する共和制国家。北にマリ、東にニジェール、南東にベナン、トーゴ、南にガーナ、南西にコートジボワールと国境を接する内陸国である。首都はワガドゥグー

Wikipedia ブルキナファソ

聞いたことのない国名でした。

どうやらアフリカにあるようです。

次に大統領が亡命したトーゴも含め、場所を確認しましょう。

サッカーでよく聞く、コートジボワールやナイジェリアの近くみたいですね。

日本から行くことはできる?

答えは、首都のワガドゥグまでなら行けます!

航空券もありました。

 

私が調べた限りでは、直近で渡航できそうな航空券は見つかりませんでした。

「渡航の計画はお早めに」といったところでしょうか。

移動時間は衝撃の27時間!お尻が痛くなるレベルじゃなさそうですね。

日本から渡航する手段はありましたが、直行便はなく乗り換えが必要です。

首都から離れた場所に行きたい方は、さらに移動が必要です。

うーん、ますます遠い国に感じてきましたよ。

ブルキナファソと日本との関係性は?

2019年に行われた日・ブルキナファソ首脳会談の様子。

外交上手な安倍晋三元首相の姿が確認できます。

1979年より経済協力を開始し、日本のブルキナファソ援助実績は2018年までに700億円に上る。当初は食糧援助や肥料・機材等の援助が中心で、やがて水や教育・インフラ等に協力分野を広げ、今では商業・保健・医療・農業・環境へと協力分野が広がっている。

Wikipediaより

日本とブルキナファソの関係は長い歴史があります。

今後も支援は続くと考えます。

日本国民も大切にして!

ただ、日本国民は度重なる値上げで工夫が必要な毎日です。

経済援助する余裕があったら、国民に還元して欲しいですね。

今後の政治家の方針に注目しましょう。

そして、選挙権がある人は「たかが一票」と言わず選挙に行きましょう。

自分の意思を示すことが大切です。