英利アルフィヤは現在何してる?評判や派閥は?実績がすごい!

  • 2024年6月26日
  • 2024年7月10日
  • 政治
  • 7view

英利アルフィヤの評判

英利アルフィヤさんは、日本の政治家で、自由民主党所属の衆議院議員です1。彼女の評判について調査したところ、彼女の経歴が素晴らしいという声が多く見受けられました2。一方で、ウイグル・ウズベク系日本人であることから、中国に近いのではないかという危惧する声も存在します2。また、帰化一世での立候補ということで、外国人の国政参加を危惧する声もあるようです2。しかし、期待する声も多く、特に彼女の国際的な経験や知識に対する期待感が強く感じられます2

英利アルフィヤと派閥

英利アルフィヤさんは自由民主党の麻生派に所属しています13。麻生派は自由民主党内で影響力のある派閥の一つであり、その中で英利さんが活動していることは注目に値します。

英利アルフィヤと実家

英利アルフィヤさんは福岡県北九州市で生まれ、ウイグル系の父親とウズベク系の母親の間に生まれました45。彼女の父親はウイグル系日本人で、ニトリの執行役員である英利アブライティさんです1。母親はウズベク系の日本人です1。家族全員が日本に帰化したのは1999年のことです4

英利アルフィヤの実績

英利アルフィヤさんは、ジョージタウン大学外交政策学部国政政治学科を卒業し、同大学の外交政策大学院の修士課程を修了しました1。その後、日本銀行に入行し、国際局、仙台支店、金融機構局での勤務を経て、外務省JPO試験の合格に伴い日銀を退職しました1。その後、国連に勤務し、国連事務次長・管理局長室の調整担当官補、政務局アジア太平洋部の政務官、国連事務次長・安全保安局長室の国連事務次長補付プログラム担当官・調整担当官・国連事務次長補付特別補佐官を歴任しました1。また、彼女は2023年にタイム誌から次世代グローバルリーダー100人の一人に選出されました1

英利アルフィヤの現在

現在、英利アルフィヤさんは自由民主党所属の衆議院議員として活動しています1。彼女は2023年4月に実施された衆議院議員補欠選挙で初当選しました1。また、彼女は米日財団の理事にも就任しています6。これらの役職を通じて、彼女は日本の国益を守るための政策を推進し、日本の存在感を高めることを目指しています7。彼女の活動は、日本の政治に新たな風をもたらす可能性を秘めています。