稲津久は現在何してる?評判|派閥|実家まとめ!

  • 2024年6月25日
  • 2024年7月10日
  • 政治
  • 3view

稲津久の評判

稲津久氏は、日本の政治家であり、公明党所属の衆議院議員として活動しています1。彼の評判について調査したところ、彼に対する評価・印象は「賢い」であると考えられます2。また、彼の誠実な人柄と献身的な姿が評価されています3

稲津久の派閥

稲津久氏は公明党所属の衆議院議員であり、党幹事長代理、北海道本部代表を務めています14。公明党は、日本の政治の舞台で重要な役割を果たしており、稲津氏はその中でリーダーシップを発揮しています。

稲津久の実家と家族構成

稲津久氏は昭和33年2月、北海道芦別市に生まれました。納豆の製造・販売業を営む両親のもと、4人きょうだいの次男として育ちました56。彼の家族背景は、彼がどのようにして現在の地位に至ったのかを理解する上で重要な要素となります。

稲津久の実績

稲津久氏は、北海道議会議員を3期10年務め、その後、平成21年に衆議院議員に初当選しました7。その間、厚生労働副大臣、農林水産大臣政務官、衆議院経済産業委員長を歴任し、現在は予算委員会・農林水産委員会の理事を務めています7。また、彼は公明党の幹事長代理、北海道本部代表、中央幹事も務めています7

稲津久の現在の活動

稲津久氏は現在も活発に活動を続けています。彼は災害時における子どもや学校への支援体制構築に取り組んでおり8、また、成長型経済の実現に向けて岸田総理に提言を行っています8。さらに、農業の担い手確保のための外国人材受け入れ拡大による課題を調査し8、訪問診療の推進にも取り組んでいます8。これらの活動は、稲津久氏が社会の様々な問題に対して積極的に取り組んでいることを示しています。