赤嶺政賢は現在何してる?評判や派閥は?実績がすごい!

  • 2024年6月25日
  • 2024年7月10日
  • 政治
  • 3view

赤嶺政賢の評判

赤嶺政賢氏は、日本共産党所属の衆議院議員で、その評判は非常に高いです1。彼の評価は、「賢い」が95%、「実力派」が4%となっています1。彼の活動報告を見ると、平和な未来を子どもたちに向けての取り組みが見て取れます2。また、彼は沖縄県民の声を背にして、舌鋒鋭く政府を追及する一方で、若い議員さんやスタッフにもよく声をかけ、沖縄の実情や歴史のことを話すという、あたたかい人柄が評価されています2

赤嶺政賢と派閥

赤嶺政賢氏は日本共産党の一員であり、派閥という概念は存在しません3。しかし、彼は党の見解に準じた政策を推進しており、その中でも特に注目すべきは、在日米軍によるオスプレイの日本への配備に反対し、日本共産党内に設置されたオスプレイ配備対策運動本部の本部長を務めていることです3。また、彼は憲法9条の改正や集団的自衛権の行使容認にも反対しています3

赤嶺政賢の実家と家族構成

赤嶺政賢氏は、沖縄戦から間もない1947年、旧小禄村(現在の那覇市)の農家に生まれました32。彼は少年時代を悲惨な戦争の傷跡が残る中で過ごし、父親の畑仕事を手伝うようになりました2。その役割は、散乱した戦争犠牲者の遺骨の断片を畑の四隅に積み上げることでした2。この経験が彼の政治活動に大きな影響を与えています。

赤嶺政賢の実績と現在の活動

赤嶺政賢氏は2000年の初当選以来、県民の命とくらし、沖縄と日本の進路に関わる様々な問題を国会で取り上げてきました4。彼は辺野古への米軍新基地建設、繰り返される米軍犯罪、沖縄の経済振興、沖縄戦「集団自決」をめぐる教科書問題、イラクやインド洋への自衛隊派兵、憲法違反の安保法制など、多岐にわたる問題を取り上げてきました4。これまでに国会で行った質問や発言の回数を合計すると、841回に上ります(国会質問617回+質問主意書85回+発言50回+討論87回+答弁1回+動議1回。 2023年6月21日現在)4。彼の活動は現在も続いており、最新の活動報告は彼の公式ウェブサイトで確認することができます2