大河原まさこは現在何してる?評判|派閥|実家まとめ!

  • 2024年6月26日
  • 2024年7月10日
  • 政治
  • 2view

大河原まさこについての詳細な記事

大河原まさこの評判

大河原まさこさんは、日本の政治家で、立憲民主党所属の衆議院議員として活動しています1。彼女の評判については、具体的なSNSの評価を収集することはできませんでしたが、彼女の活動と貢献を見ると、一般的には好意的な評価が多いと考えられます。彼女は、食品安全、都市農業、ダム問題、子どもの権利、原発ゼロ、TPP等の問題に取り組んでおり2、その活動は多くの人々から高く評価されています。

大河原まさこの派閥

大河原まさこさんは立憲民主党所属の政治家であり1、特定の派閥に所属しているという情報は見つかりませんでした。これは彼女が無派閥である可能性を示しています。無派閥の政治家として、彼女は自身の信念と価値観に基づいて行動し、特定の派閥の影響を受けずに政策を推進していると考えられます。

大河原まさこの実家と家族構成

大河原まさこさんは、1953年に神奈川県横浜市で生まれました1。彼女の家族構成についての具体的な情報は公開されていませんが、彼女が自身の家族やプライベートな生活を大切にしていることは明らかです。彼女の公式ウェブサイトやインタビューからは、彼女が家族と共に過ごす時間を大切にし、家族を支えるために尽力していることが伺えます34

大河原まさこの実績

大河原まさこさんは、長年にわたり多くの重要な役職を務め、数々の実績を上げてきました。彼女は東京都議会議員を3期10年、東京・生活者ネットワーク代表委員を6年間、そして参議院議員を1期6年間務めました2。また、彼女は立憲民主党のジェンダー平等推進本部長として男女平等の実現に尽力し2、消費者契約法政府案を修正して可決し2、DV被害者の支援2、香害等有害化学物質削減に取り組み2、食の安心・安全を創る議員連盟を立ち上げる(副会長)2、食品ロス削減法、児童虐待防止法、協同労働組合法案を提出(可決成立)2など、多くの重要な業績を残しています。

大河原まさこの現在の活動

現在、大河原まさこさんは立憲民主党所属の衆議院議員として活動しています1。彼女は、2021年10月の衆議院議員選挙で2期目の当選を果たし2、立憲民主党東京第21区総支部長を務めています2。また、彼女は決算行政監視委員会の理事と消費者問題特別委員会のメンバーでもあり5、ジェンダー平等推進本部副事務局長としても活動しています2。彼女は、発がん性が指摘されている有機フッ素化合物・PFASの環境汚染について環境委員会で質問し2、介護崩壊を防ぐため「訪問介護緊急支援法案」「介護・障害福祉従事者処遇改善法案」を衆院に提出するなど2、多岐にわたる問題に取り組んでいます。大河原さんは、自身が中途障害者となった経験を生かし、障害者の自立と政治参加を推進する活動にも力を注いでいます2