林正之は現在何してる?評判や派閥は?実績がすごい!

  • 2024年7月6日
  • 2024年7月10日
  • 政治
  • 1view

林正之氏の評判

林正之氏は、富山県氷見市の市長として知られています1。彼の評判は、その地域での活動と貢献により形成されています。彼の評判は一般的に好意的で、特に新幹線の誘致活動や南砺豪雨災害対策、立山砂防の世界遺産登録に取り組んだことで評価されています1

林正之氏と派閥

林正之氏は現在、無所属です1。彼は自由民主党氷見市支部に擁立され、次期氷見市長選挙への出馬を表明しました1。彼の政治キャリアは、地元の富山県での公務員としての経験と、その後の市長としての活動によって形成されています1

林正之氏の実家と家族構成

林正之氏は富山県氷見市出身です1。彼は氷見市立仏生寺小学校、氷見市立十三中学校、富山県立高岡高等学校を卒業しました1。その後、京都大学工学部土木工学科を卒業し、富山県庁に入庁しました1。彼の家族構成についての具体的な情報は公には提供されていません。

林正之氏の実績

林正之氏は、富山県庁での公務員としての経験を活かし、氷見市長として多くの実績を上げています1。彼は新幹線の誘致活動を行い、南砺豪雨災害対策と立山砂防の世界遺産登録に取り組みました1。また、都市計画課長として富山駅の高架化事業にあたり、土木部長としても活躍しました1

林正之氏の現在の活動

現在、林正之氏は氷見市長として活動しています1。彼は市役所の3割以上の部署の名称を変更し、本格的な組織・機構の再編を行いました1。また、副市長の全国公募を開始し、元TBSテレビプロデューサーで紺野美沙子の夫の篠田伸二を選任する人事案を氷見市議会に提出しました1。彼の任期は4月1日から4年間です1。新型コロナウイルス対策の財源に充てるため、自身の6月期末手当を50%減額し、副市長については20%、教育長については10%減額しました1