森中高史は現在何してる?評判や派閥を徹底調査!

  • 2024年7月7日
  • 2024年7月10日
  • 政治
  • 2view

森中高史の評判

森中高史氏は、日本の政治家で、滋賀県守山市長を務めています1。彼の評判については、具体的なSNSの評価を収集することはできませんでしたが、彼が無投票で初当選した事実2から、一定の支持を受けていることが伺えます。

森中高史と派閥

森中高史氏は現在、無所属です1。彼は東京大学を卒業後、2002年に総務省に入省し、その後、秋田県庁や守山市役所などに出向してきました1。これらの経験から、彼が派閥ではなく、自身の信念と経験に基づいて行動していることがわかります。

森中高史の実家と家族構成

森中高史氏は東京都出身で、現在は滋賀県守山市吉身に在住しています3。家族構成については、妻と息子の3人家族であることが公式ウェブサイトで確認できます4

森中高史の実績

森中高史氏は、20年間の公務員生活を経て、国・県・市・金融機関での勤務経験を持っています4。総務省では、地方自治のスペシャリストとして、地方財政、地方税制、地域のデジタル化、消防防災などの幅広い分野を経験してきました4。また、2023年1月の守山市長選挙に立候補し、無投票で初当選しました1

森中高史の現在の活動

森中高史氏は現在、滋賀県守山市長を務めています1。彼の任期は2023年2月20日から始まり、4年間です2。市長としての彼の活動は、市民が主役となるような政策を掲げ、自身の経験を市政に生かすことを発信しています5