並河健は現在何してる?評判や派閥を徹底調査!

  • 2024年7月8日
  • 2024年7月10日
  • 政治
  • 2view

1. 並河健の評判

並河健氏は、日本の政治家であり、現在は奈良県天理市長を務めています1。彼の評判について調査したところ、彼は「賢い」と評価されているようです2。また、彼の政策については、子育て世代や高齢者支援の充実、10年先を見据えた天理市の活性化などに取り組んでいるとの声が多く見受けられました3

2. 並河健と派閥

並河健氏は、自由民主党に所属しています14。彼はかつて日本維新の会に所属していましたが、その後無所属を経て自由民主党に移籍しました1。彼の派閥移動の背景については具体的な情報は見つかりませんでしたが、彼が自由民主党天理支部の顧問を務めていることから1、彼が自由民主党内での影響力を持っていることが伺えます。

3. 並河健の実家と家族構成

並河健氏は大阪府箕面市出身で1、現在は奈良県天理市に在住しています5。彼の家族構成については、妻と長男、長女の4人家族であることが確認できました43

4. 並河健の実績

並河健氏は、東京大学法学部を卒業後、外務省に入省し、在エジプト日本国大使館二等書記官などを務めました14。その後、電通の戦略プランナーとして働き、2013年に天理市長に就任しました14。彼は、なら国際映画祭の上映作品誘致や、全国初の事例となる成果報酬型の認知症予防事業を成功させるなど、市政を活発化させています1

5. 並河健の現在

現在、並河健氏は奈良県天理市長として、市の活性化に向けて全力を尽くしています6。新型コロナ対策では、市内店舗の買い物券やテイクアウト・デリバリーの利用券の全戸配布、大学生による受験生支援など、独自の政策を実施しています1。また、性的少数者(LGBTなど)の同性カップルに結婚に相当する関係を認める「パートナーシップ宣誓制度」を導入したことも注目されています1