freezing

青識亜論twitter凍結理由は?なりすまし騒動についても調査!

  • 2022年5月8日
  • 政治
  • 13view
freezing

徳島のネット論客こと青識亜論さんのtwitterがゴールでウィーク最終日に凍結してしまったことが明らかとなり、ネット上では話題となっていますね。

青識亜論さんといえば、京都大学卒業のインテリで、これまでに主にフェミニズムを批判するスタイルを貫いてきました。

青識亜論さんは、今回の凍結が初めてであり、主張的にも特に過激であるという評判はありませんでした。

そんな青識亜論さんが突如としてtwitter上から抹殺されることになってしまったものですから、彼のことを知る方の頭には「?」しか浮かびませんね。

青識亜論twitter凍結理由は?なりすまし騒動まとめ

特に規約違反となるような持論は主張されていないように見えた青識亜論さんですが、じつはご本人も凍結された理由が分からず混乱されているということです。

そして、今回の青識亜論さんのtwitter凍結と連動して話題となったのが「なりすまし」です。

このなりすまし騒動が、凍結理由のヒントになる可能性があります。

凍結直後に現れた「なりすまし」

青識亜論さん(BlauerSeelowe)が凍結された直後、彼を名乗るアカウント(BlauerSeelowe01)が現れました。

このアカウントは、「凍結に至った理由をnoteにまとめます。流石に少し狼狽えています。本当にTwitter社の基準は理解できません。厳重に抗議します。

という風にツイートしています。

しかし、青識亜論さんとお知り合いの議員さんが直接アカウント(BlauerSeelowe01)について確認してみると、「存じ上げない」という返事が返ってきたということです。

つまり、青識亜論さんが凍結されたのは事実ですが、後に現れたアカウント(BlauerSeelowe01)は単なる彼のなりすましだったということになります。

なりすましアカウントは、「バレた」ことで鍵垢になり、結局アカウントは削除しています。

noteにはどんな内容がまとめられていたのでしょうか…

ここで怪しくなってきたのが、今回の青識亜論さんの凍結は、何者かによってに仕組まれたものだったのではないかということです。

以下が青識亜論さんと直接連絡をとったとされる議員さんの投稿です。

フェミニストによる通報?

凍結理由として考えられるのは、フェミニストによる言葉狩りなどを利用した一斉通報です。

前述した通り、青識亜論さんは主にフェミニズムを批判対象として活動してきたので、このタイミングで凍結させられ、工作のようなものを図れたのではないかということが言われています。

まとめ

今回は、ネット論客の青識亜論さんの凍結騒動についてまとめてみました。

今回は、なりすましがバレて事なきを得ましたが、このようななりすましによる工作が実際にあるというのが恐ろしいですね…