足立康史は現在何してる?評判や派閥は?実績がすごい!

  • 2024年6月25日
  • 2024年7月10日
  • 政治
  • 8view

 

 

足立康史
足立康史

 

足立康史の評判

足立康史氏は日本維新の会所属の衆議院議員で、その評判は賛否両論となっています1。一部では「愛想が良い。話しやすい」と評価されています1。しかし、一方で「アホ、キチガイ、カス、バカ」という言葉を使うなど、秘書に対するパワハラ行為が指摘されており、その行動については批判的な意見も多く見られます1。このように、足立氏の評判は人により異なります。

足立康史と派閥

足立康史氏は、日本維新の会の一員として活動しています2。彼は、みんなの党から日本維新の会へと移籍し、その後、維新の党、おおさか維新の会を経て、現在の日本維新の会に所属しています2。彼の政治活動は、自身の信念に基づいて行われており、特定の派閥に属するというよりは、政策や理念に基づいた活動を行っていると言えます3

足立康史の実家と家族構成

足立康史氏は大阪府泉大津市生まれ、茨木市育ちで、現在も茨木市に住んでいます24。彼の実家は大阪府茨木市にあります45。足立氏は結婚しており、妻はIAEAで働いているとされています4。また、彼には一人息子がいるとの情報もあります4

足立康史の実績と現在の活動

足立康史氏は、日本維新の会所属の衆議院議員として、多くの実績を上げてきました6。彼は、地元である大阪府第9選挙区から4回当選しており、その間に多くの法案を提出し、成立させてきました26。また、彼は元経済産業省(旧:通商産業省)官僚であり、その経験を活かして、政策力・交渉力を駆使して、幾多の政策、法律、予算を実現してきました6。現在も、彼は「足は地元に、心は国に」というモットーのもと、地元の課題だけでなく、全国の課題解決に向けて活動を続けています6