武隈義一は現在何してる?評判|派閥|実家まとめ!

  • 2024年7月6日
  • 2024年7月10日
  • 政治
  • 4view

武隈義一の評判

武隈義一氏は、富山県黒部市長として知られています1。彼の評判については、具体的なSNSの評価を収集することはできませんでしたが、彼の行動から一部の評価を推測することができます。2024年3月、市役所庁舎内でペットボトルを投げつけ、間仕切りを壊したことが報告されています1。彼はその行為について「年度末に業務が立て込んだため」と説明し、市民と職員に対して謝罪しています1。この行為は一部の人々から批判を受けた可能性があります。

武隈義一と派閥

武隈義一氏は自由民主党の党籍を持っています1。しかし、具体的な派閥についての情報は見つかりませんでした。これは彼が無派閥である可能性を示しています。また、彼が黒部市長選挙に立候補した際、自由民主党の党員である小柳勇人氏も立候補し、保守分裂選挙となりました1。これは、彼が特定の派閥に強く結びついていないことを示しているかもしれません。

武隈義一の実家

武隈義一氏は富山県黒部市生地吉田出身です12。彼は小売りの酒屋、鉄工所を営む両親の次男として育ちました2。子供時代は酒の配達の手伝いをし、大学時代は年間3カ月、実家の鉄工所でアルバイトをしていました2。家族構成についての詳細な情報は見つかりませんでした。

武隈義一の実績

武隈義一氏は一橋大学商学部を卒業後、1992年に旧労働省(現在の厚生労働省)に入省しました13。彼は外務省在中華人民共和国日本国大使館で一等書記官などを務め、内閣府防災担当として災害対策基本法の改正などに携わりました1。その後、復興庁参事官、石川労働局長などを経て、2021年12月に厚生労働省大臣官房地方課業務改善分析官を最後に退職しました13。2022年4月の黒部市長選挙に立候補し、初当選しました13

武隈義一の現在

武隈義一氏は現在、富山県黒部市長を務めています1。彼は「誰もが自分らしく輝き、その人の魅力が人を呼び込むまち黒部」を目指して行政を展開しています2。彼は人口減少をストップし、安全・安心、生き生きとしたコミュニティづくり、高齢者がいつまでも元気な街への取り組み、地域で子供を育てる子育てしやすい街づくりとふるさと教育、黒部のブランド化(農林水産業中心に)、住民参加型の街づくり、観光政策の強化、ふるさと教育、民間企業と共創した地球温暖化対策・脱炭素の取組などに取り組んでいます2