友田吉泰は現在何してる?評判や派閥は?実績がすごい!

  • 2024年7月9日
  • 2024年7月10日
  • 政治
  • 1view

友田吉泰の評判

友田吉泰氏は、日本の政治家で、長崎県松浦市長を2期にわたり務めています1。彼の評判については、具体的なSNSの評価を収集することはできませんでした。しかし、彼が地元の松浦市でアジフライの名産地を全国にアピールし、松浦の名前を全国に轟かせるというミッションを持っていることから2、地元での評価は高いと考えられます。

友田吉泰と派閥

友田氏は現在、無所属で活動しています1。彼が長崎県議会議員を務めていた時期には、「前進・邁進の会」という一人会派を作っていました1。これは、彼が自身のビジョンを追求し、地元の松浦市をより良くするための活動を行っていたことを示しています。

友田吉泰の実家

友田氏は、佐賀県小城市出身です1。彼は1986年に九州共立大学工学部機械工学科を卒業し、その後の人生を政治に捧げることになりました1。家族構成についての具体的な情報は公開されていません。

友田吉泰の実績

友田氏は、1999年に松浦市議会議員に初当選し、その後12年間務めました1。その後、2011年からは長崎県議会議員を7年間務め、2018年には松浦市長に就任しました12。彼の実績として特筆すべきは、松浦市を「アジフライの聖地」として全国にアピールし、地元の名産地としての認知度を上げたことです2

友田吉泰の現在

現在、友田氏は松浦市長を務めており、2022年の市長選挙では無投票で再選されました13。彼は地元の松浦市の活性化に尽力しており、特にアジフライの名産地としての松浦市の魅力を全国に伝える活動を行っています2

友田吉泰の年齢とプロフィール

友田吉泰氏は、1964年3月8日生まれで、現在60歳です14。彼は佐賀県小城市出身で、九州共立大学工学部機械工学科を卒業しています1。彼は1999年に松浦市議会議員に初当選し、その後は長崎県議会議員を務め、2018年からは松浦市長を務めています1

友田吉泰の後援会

友田吉泰氏の後援会についての具体的な情報は公開されていません。しかし、彼が地元の松浦市の活性化に尽力していること、そして市民との対話を重視していることから1、後援会も地元の松浦市の発展と市民の生活向上を目指して活動していると考えられます。後援会の具体的な活動内容や入会方法については、友田吉泰氏または松浦市役所に直接お問い合わせいただくことをおすすめします。