currency

日銀総裁(黒田晴彦)がやばい!評判についてまとめてみた!

  • 2022年6月6日
  • 政治
  • 49view
currency

日本銀行の総裁である黒田晴彦氏の発言が物議を醸しています。

家計が物価上昇を受けれている

というような発言をされたということです。

この意味するところはというと、某ウイルスの渦中でお金が溜まっているはずなのでこのまま物価を上昇させる方向でいきます、というところだそうです。

この発言にはにわかには納得できない方が多いようです。

呆れと怒りの声で溢れています。

これ以上物価が上がるのを考えるだけで恐ろしいですよね…

日銀総裁がやばい!

家計が受けれている発言は世間を敵に回す表現でしたね。

ところで現在、コ◯ナ不況だとか原材料高騰などと言われているさなかで、なぜこれ以上の負担を国民が受けれていると思っているのか、というのが疑問ですよね。

こういう角が立つ発言をするから、「上級国民は…」などと言われるんですが…

しかもこの方、買い物は奥様に任せているとの発言もされており、これも反感を買う要因となっているようです。

スーパーで買い出しすらご自身でされないということで、色々と庶民の感覚とはズレが生じてしまっていることも分かります。

妻には面倒くさい買い物をすべて任し、自分は優雅にリビングで紅茶でも嗜んでいるのでしょうか笑

さらに、金融緩和を実施しても物価は上昇するけど賃金が上昇することはないという、インフレとも呼べない現象が予期されています。

一消費者には際限なく上がり続ける物価に喘ぎ苦しむ未来しかないということになります。

日銀総裁の評判は悪い?

黒田氏の評判は案の定あまり良くないみたいです。

黒田バズーカ砲こと量的質的金融緩和を掲げ「前年比上昇率2%」を2年で実現すると意気込んでいましたが、これも結局いつまでたってもその日は来ず、ズルズルと金融緩和を繰り返してきています。

黒田バズーカ砲は2013年のことなので、あれから10年近く経過しており、国民からの不信感は募るばかりというところです。

まとめ

今回は、「家計は値上げを受けれている」発言をされた日銀総裁の黒田晴彦氏についてまとめてみました。

こういった国民の声が届かないおえらいさんには、海外でよくある不良更生プログラムのように、庶民の生活を期間限定で体験してもらいたいですね笑