flirt

廣川龍(ヒロック)は病気?人気の理由についてもまとめてみた!

flirt

今回は、ch登録者3.8万人を抱えるYOUTUBER「廣川龍(ヒロック)」について取り上げていきます!

ヒロックさんは、主に食レポや歌ってみた系といった様々なジャンルの動画を投稿されており、その面白さから若者に受けているようです。

ヒロックさんの動画を見ていだければ分かりますが、かなり挙動が独特で先が読めないんですよね…笑

一度沼にハマると抜け出せない、そんな感じで異様な雰囲気を漂わせているのがヒロックさんなんです。

ここからは、ヒロックさんにまつわる気になるアレコレについて見ていきます!

廣川龍(ヒロック)は病気?

若者を中心に絶大な人気を誇るYOUTUBER「ヒロック」さんですが、そのあまりに特異な振る舞いから「病気なのでは?」といった声が出ています。

たしかに、常にテンションMAX・唐突な爆笑・吃音っぽい等、思い当たる節がないこともないといった感じです。

これがキャラでなければ、普通の人であればヒロックさんに違和感を覚えるのは自然なことじゃないかなと思いますね。

知的障害

廣川さんは、実際障害を持たれていることを自身の動画で告白されています。

ヒロックさんが告白された病気は「知的障害」というものでした。

おしゃべりが下手で人と会話できなかったり、話すスピードが遅かったりといった、コミュニケーションに難があるということですね。

動画における、ヒロックさんの奇妙な挙動は、やはり患われていたものが原因だったということですね。

補足

ヒロックさんは、ご自身では単に「発達障害」という風におっしゃられていました。

しかし発達障害というだけでは、どこか説明できない部分がある気がするんですよね。

ヒロックさんの特徴に該当する病気について2つほど参考程度にご覧ください。

ソトス症候群

・頭が大きい

・発達障害

アンジェルマン症候群

・ぎこちない

・ちょっとしたことで笑う

・大きい口

・重度の知的障害

これらの特徴を見ても、ヒロックさんに当てはまっていると言えば当てはまっているんですよね。

ということで、単なる発達障害というわけではないんじゃないか、というのがここでの結論ですね。

いじめにも遭っていた…

ヒロックさんは、小学校・中学校・高校と各年代でひどいいじめに遭っていたといいます。

小学校時代 いたずらの濡れ衣を着せられる/暴行

中学校時代 暴行/カツアゲ

高校時代 腹部刺傷など

まるで世紀末のような悲劇にあわれていますね…

廣川龍(ヒロック)の人気の理由は?

ch登録者が数万人もいれば当然なのですが、ヒロックさんはかなり人気があるんですよね。

ここで人気というのは、”良い意味の人気”です。

終始気ままにふざけているような動画が多数をしめていますが、コメントで多いのは声援orツッコミor乗っかりといったポジティブなものですね。

シャムスタイルが人気?

ヒロックさんが人気を博す理由として考えられるのは、スタイルが「シャム」さんに似通っているからではないかと思います。

シャムといえば、「オフ会0人」という伝説を打ち立てた、知る人ぞ知るニコ生配信者ですね。

そんな名誉もクソもあったもんじゃない記録を残したシャムは、当然それ以降は彼の元来のキャラ(クレイジー)も助けとなって、みごと”ネタキャラ”へと昇格していきました。

そして、第二のシャムと呼ばれているのが、何を隠そうヒロックさんなのです。

シャムを彷彿とさせるスタイルを貫くヒロックさんは、失踪したシャムのファンの心の拠り所として最適なのかもしれません。

鋼のメンタルが人気の理由に?

前述しましたが、ヒロックさんは子供時代は相当壮絶な経験をされています。

そんな悲惨な過去を過ごしてきたにも関わらず、変にひねくれず、動画でも常に明朗快活に振る舞うその姿が、人々の心を惹きつけるんかもしれません。

まとめ

今回は、クレイジー系YOUTUBERの廣川龍(ヒロック)さんについてまとめてみました。

シャムの後釜と考えると、まだまだこれから伸びしろは十分あるので、どんな大物になっていくのか楽しみですね♪