プレキルとちょっぱーの炎上騒動の理由!【まとめ】

  • 2024年6月16日
  • 2024年6月16日
  • 未分類
  • 140view

「プレキル」と「ちょっぱー」の炎上騒動について、以下の5ステップで詳しくまとめます。

ステップ1:プレキルがアル動画を投稿

発端 この騒動の発端は、「プレイヤーキル大好きプレイヤー」(以下プレキル)という実況者が公開した「悪質ゴースティング集団の正体がとある女配信者だった件」という動画です。この動画でプレキルは、「ちょっぱー」という女性実況者が「奴隷ちゃん」というプレイヤー名で、配信者としての正体を隠してプレイしていると主張しました。

ステップ2:ちょっぱーに対する疑惑

プレキルは、ちょっぱーが「なんらかの形でこのゴースティング襲撃事件に関わってるのは確実」と断言しました。

ゴースティング」とは、オンライン対戦ゲームにおいて、対戦相手のライブ配信を視聴しながら、自分に有利な方向にゲームを進める不正行為を指します。

ステップ3:ちょっぱーの虚言

プレキルの主張に対して、ちょっぱーは自身のX(旧ツイッター)にて「事実無根の情報の流布」だとして法的措置を発表しました。その後、ちょっぱーは自身のYouTubeチャンネルにて釈明動画を投稿し、ゴースティングに関しても「ゴースティングができる環境ではなかった」として事実無根だとしました。

ステップ4:真相に近い結論

結局、OPRPの運営「dust(通称ゴミ箱)」がちょっぱーをけしかけて色々と小細工していた、というのが信憑性の高い結論と言えます。

一説にはそもそもdustとちょっぱー(エミリアという女性も含む)は最初から最期まで組んでいたから、プレキル陣営に口を割らなかったとも言われています。

ちょっぱーは開き直った挙げ句、苦し紛れに「悲劇のヒロイン」アピールともとれる歌ってみた動画を投稿され、姿を消しました。

虚言癖は虚言癖でいいですが、実質チャンネル閉鎖に追い込まれたちょっぱーさん..ひいてはその取り巻きのdust一行の立ち回りが下手くそだったということです。【終了】

基本的に嘘は嘘とバレたらだめですよね。彼女の頭の中で作り話と事実の整合性が取れなくなった結果、プレキルにとって美味しいネタの肥やしとなりました。

ステップ5:プレキルちょっぱー事変に対するネットの反応

ネットの反応 この騒動については、ネット上では様々な意見が交わされています。一部のユーザーは「動画見た限り事実無根ってのは無理がある」「誹謗中傷はダメだけど被害者ヅラだけして自分の事は棚に上げるのはやべぇよ」「早めに謝った方がよいと思う」とコメントしています。

まとめ

現状 この騒動の真相は、現時点ではまだ明らかになっていません。

以上が、「プレキル」と「ちょっぱー」の炎上騒動についての詳細なステップ方式でのまとめです。この騒動は仮想世界の話であり、現実世界に直接的な影響を及ぼすものではありませんが、オンラインコミュニティ内での行動や言動が、どのように広範で深刻な影響を及ぼすかを示す一例と言えるでしょう。それぞれの行動や発言には責任が伴うことを、私たちは常に忘れてはなりません。