江渡聡徳は現在何してる?評判や派閥を徹底調査!

  • 2024年6月26日
  • 2024年7月10日
  • 政治
  • 22view

江渡聡徳とその評判

江渡聡徳氏は、自由民主党所属の衆議院議員であり、自由民主党総務、自民党青森県連会長を務めています1。彼の評判については、SNSなどで具体的な評価を収集することは難しいですが、彼が8回も当選していることから2、選挙区の有権者からの支持は高いと言えます。

江渡聡徳と派閥

江渡聡徳氏は、自由民主党の麻生派に所属しています1。派閥は政治家のネットワークを形成し、政策立案や議会運営に影響を与える重要な役割を果たします。麻生派の一員として、江渡氏は党内での影響力を持っています。

江渡聡徳と実家

江渡聡徳氏は青森県十和田市出身で、父・江渡誠一は社会福祉法人至誠会の設立者・初代理事長でした1。家族構成についての詳細な情報は公開されていませんが、彼が父の設立した社会福祉法人で働いていたことから、家族が社会福祉に深く関与していたことが伺えます。

江渡聡徳の実績

江渡聡徳氏は、自由民主党副幹事長、衆議院安全保障委員長、内閣府大臣政務官(第2次小泉改造内閣・第3次小泉内閣)、防衛副大臣(第1次安倍改造内閣・福田康夫内閣・第2次安倍内閣)、防衛大臣(第13代)、自民党たばこ議員連盟副会長などを歴任しています13。これらの役職は、彼が国政における多岐にわたる経験と実績を持っていることを示しています。

江渡聡徳の現在

現在、江渡聡徳氏は自由民主党青森県連会長を務めており1、2021年10月31日の第49回衆議院議員総選挙では、青森1区から出馬し、8回目の当選を果たしました2。これは彼が地元の有権者から強い支持を受けていることを示しています。また、彼の公式ウェブサイトでは、地方創生法についての彼の考えや活動が紹介されています4。これは彼が地方の活力を取り戻し、人口減少の問題に対応することを目指していることを示しています。