アンジェリナが死亡!驚愕の結末【まとめ】

アンジェリナの日常が死の舞台に

アンジェリナは、普通の女性でした。彼女の日常は、誰もが経験するような平凡なものでした。しかし、その日常が一変する出来事が訪れます。

死亡へのカウントダウン

ある日、アンジェリナは自宅で料理をしていました。彼女が使っていたのは、ごく普通のキッチンツール。しかし、その一つ一つが彼女の運命を狂わせていきます。まず、彼女が使っていた包丁が滑り、彼女の指を深く切ってしまいます。血が止まらない彼女は、慌ててバンドエイドを貼ります。しかし、そのバンドエイドが彼女の運命をさらに加速させます。

運命の連鎖

バンドエイドを貼った彼女は、再び料理を始めます。しかし、そのバンドエイドが火に触れ、炎上してしまいます。彼女は慌てて水をかけますが、その水が油に触れ、大きな火花を散らします。その火花がカーテンに触れ、部屋中が炎に包まれます。彼女は必死に消火器で火を消そうとしますが、逆に炎は広がり、彼女は部屋から逃げ出します。

アンジェリナの死亡

しかし、逃げ出した彼女の足元には、自分が落としたバナナの皮がありました。彼女はそれに滑り、階段から転げ落ちます。その衝撃で彼女は意識を失い、そのまま息を引き取ります。

※この記事はフィクションです。