ギャロップ林が死亡!死因がアレだった!?【まとめ】

ギャロップ林は、世界中で最も有名な占い師として知られる人物だった。彼の的中率は驚異的で、多くの人が彼の占いを頼りにしていた。

突然の予知

ある日、ギャロップ林は突然、自らの死について予知する能力を得る。その死の日は彼の予測によれば1年後の6月13日だという。ギャロップ林は驚きながらも、自らの死を受け入れる覚悟を決めた。

不可解な事件

その後の1年間、ギャロップ林は死の日が近づくにつれ、不可解な出来事に見舞われる。彼の占いの的中率が低下し、信頼を失う人も現れた。さらには、彼の周りには怪しい人物が現れ始め、彼を襲う危険も増していった。

予期せぬ結末

ついに訪れた6月13日、ギャロップ林は自宅で一人眠りについた。そして、そのまま永遠の眠りにつくこととなる。彼の遺体は、何の外傷もないまま、穏やかに息を引き取ったのだ。何が彼を襲ったのか、誰も知る由はなかった。

※ この物語はフィクションであり、実在の人物や出来事とは一切関係ありません。