【閲覧注意】オトホリック小林が死亡?悲惨過ぎる最期

オトホリック小林の日常

オトホリック小林さんは、音楽が大好きな普通のサラリーマンでした。毎日の通勤時間には、彼の愛用のヘッドホンから流れる音楽が彼の心を満たしていました。

予期せぬ出来事

ある日、小林さんは通勤途中、突然の雨に見舞われました。彼は傘を持っていなかったので、近くのビルの屋根の下で雨宿りをすることにしました。その時、彼の目の前に大きな看板が落ちてきました。しかし、彼は何とかそれを避けることができました。彼は一安心し、雨が止むのを待つことにしました。

運命の歯車

しかし、その看板が落ちたことで、ビルの屋根から雨水が溜まっていた場所に向かって流れ始めました。その水は、ビルの壁を伝って地面に落ち、そこにあった電気配線に触れました。その電気配線は、小林さんが立っていた場所に向かって伸びていました。

避けられない結末

小林さんは、足元から急に電気が走るのを感じ、驚きました。彼はすぐにその場から逃げようとしましたが、すでに遅く、彼は電撃によって倒れました。彼の愛用のヘッドホンからは、彼の好きな音楽が静かに流れ続けていました。

※この記事はフィクションです。実際の人物や出来事とは一切関係ありません。また、この記事で描かれている事故は、現実には起こり得ないよう、十分な注意を払ってください。安全第一でお過ごしください。