パーティ内山が死亡!死因が切なすぎる【まとめ】

パーティ内山の日常と死亡の連鎖

パーティ内山は、都会の喧騒から離れた田舎町で、静かな生活を送っていました。彼の日常は、朝の散歩、昼間の仕事、そして夜の自宅でのリラックスタイムで構成されていました。

死亡への道のり

ある日、内山は朝の散歩中に、道端で見つけた金属製のペンを拾いました。このペンが、彼の運命を大きく変えることになるとは、その時点では誰も予想できませんでした。

彼はペンをポケットにしまい、その日の仕事に向かいました。しかし、そのペンがポケットから落ち、彼の車のブレーキペダルの下に転がり込んだことに気づかなかったのです。

運命の連鎖反応

仕事から帰る途中、内山は車のブレーキが効かないことに気づきました。彼は必死にブレーキペダルを踏み込みましたが、ペンが邪魔をして、ブレーキが全く効かないのです。

彼はパニックになり、車を制御しようとしましたが、結局は道路脇の木に激突しました。しかし、奇跡的に彼は生き残り、救急車で病院に運ばれました。

パーティ内山の滑稽な死

しかし、運命は彼を放っておかなかった。病院での治療中、彼のベッドの近くにあった酸素ボンベが、誤って落とされたスカルペルによって穴が開き、酸素が漏れ出しました。

その酸素が、病室の中にあった電化製品から発生した火花と接触し、大爆発を引き起こしました。内山は、その爆発に巻き込まれ、命を落としました。

彼の死は、彼が拾った一本のペンから始まった一連の出来事によって引き起こされたのです。彼の日常生活が、彼の死を招く運命の連鎖反応を引き起こしたのです。

※本記事はフィクションです。実在の人物・団体とは一切関係ありません。