田津原理音が死亡!死因について徹底調査!

田津原理音の不運な最期

田津原理音は、その日もいつものように、彼の愛するカメラを手に古着屋を巡っていた。彼の趣味は、古着の中から隠れた名品を見つけ出し、それをモデルにした写真を撮ることだった。しかし、この日は違った。彼が見つけたのは、ただの古着ではなく、運命を変える一枚だった。

市松模様のベストの呪い

田津原理音が手に取ったのは、白黒の市松模様が入ったベスト。かつて彼のトレードマークだったが、ある日を境にして彼はそれを着ることをやめていた。その理由は、そのベストが不幸を呼ぶという噂があったからだ。しかし、彼はその噂を信じず、再びベストを身につけた。それが運の尽きだった。

写真撮影中の悲劇

ベストを着た田津原理音は、早速そのベストを着て写真撮影を始めた。彼はカメラのファインダーを覗きながら、完璧な一枚を求めて街を歩いた。しかし、その時、彼は気づかないうちに危険な場所へと足を踏み入れていた。建設中のビルの足場が不安定で、彼の重みで崩れ始めたのだ。

間抜けな死に方

田津原理音は、崩れゆく足場から逃れようと必死に走った。しかし、彼の前には大きな水たまりがあった。普段ならば避けて通るところだが、彼はカメラを守るために前を見ずに走り続けた。そして、水たまりに足を取られて転倒。頭を打ち、そのまま意識を失った。彼が目を覚ますことはなかった。

※この記事はフィクションです。