杉森務の評判がエグかった!生い立ちや顔画像まとめ

  • 2022年9月21日
  • 2022年9月21日
  • 未分類
  • 1481view

今回は、ENEOSの全会長であった杉森務の件について書いていきます。

2022年8月に、ENEOSの代表取締役会長「杉森務」の突如の辞任発表で世間は騒然としました。

その背景には、女性に対する性的な嫌がらせがあったことが明らかとなりました。

胸をもみしだく、女半身を裸にされるなど、やりたい放題だったということですが、御年66歳なのにお元気なことですね笑

杉森務の会社での評判は?

sugimoritsutomu

杉森務は2014年に、ENEOSの前身である「新日本石油」の社長に就任された後、2020年にはENEOSホールディングスの会長に就任されています。

そして、この会社(ENEOS)での杉森氏の経営方針に関する評判があまり芳しくなかったようです。

杉森は小さい男

周りにはイエスマンだけを置き、お得意先としかやりとりをしない消極的な経営スタイルで、OBなどからも不満の声が出ていたと言います。

つまり、ENOESは杉森氏による独裁企業と化していたということですね。

醜悪な人間性が経営方針にも良くない形でにじみ出ていのでしょう…

杉森氏が就任された2014年から急激に売上が下落しているのも面白いです笑

suii

杉森の取り巻きにはやはりろくな奴がいなかったらしく、古くからの杉森の側近であった福田昭(元北海道支店長)も身内からかなりヘイトを買っていたそうです。

fukudaakihiro

想像通り人相がとにかくワルい笑

やはりこういう人望や人気の無いやつらに限って陰湿に仲間内で傷の舐めあいをしてるんですよね。

キツイです笑

やはり相当なクラブ好きだったらしく、行きつけのクラブは赤坂の「ラ・メール」。

夜な夜な幹部と集まっては”説教”をたれて悦に浸っていたということです。

この会社で昇格する唯一の方法は、杉森氏の飲み会に参加し、ただ黙って愚痴を聞いていることだけだったのでしょう。

もうここまで聞くと、杉森氏と一緒にこの腰巾着野郎にも引導をくれてやってよさそうなものですが…

会社の膿という意味では同じだと思います。

杉森務の生い立ちがなまじ凄かった件

やはり石油会社の会長にまで上り詰めるだけあって、こと”ビジネスマン”としては才に恵まれ、頭も悪くなかったようです。

・一橋大学卒業

・旧日本石油就職

・関東第1支店福支店長就任

・中部支店長就任

・執行役員中部支店長

・JX日鉱日石エネルギー取締役常務執行役員小売販売本就任
.
.
.

一橋大学の商学部を出られており、この大学での合格ハードルは最も低いものの、やはり偏差値にして65ー79ほどあり、エリート層であることは間違いありません。
勉学にも長け、大学を出てもこれまで順調に出世街道を驀進されてきたということです。
地位も名誉も手に入れ、完全に天狗になってしまった末、なんでも許されると勘違いしてしまった典型でしょう。
おそらく、今回の件も金を物を言わせ示談という形で事なきをえていると思われます。