本多スイミングスクールが死亡?死因が凄惨すぎる【まとめ】

  • 2024年6月21日
  • 2024年6月21日
  • 未分類
  • 6view

本多スイミングスクール:日常の連鎖が死への道へ

本多スイミングスクールは、日本のお笑い芸人であり、水泳のインストラクターでもある1。彼の日常生活は、水泳のレッスンとお笑いの世界を行き来するという、一見平凡なものである。しかし、ある日、彼の日常は突如として死の道へと変わる。

死亡:日常のアイテムが死の道具へ

ある日、本多はプールでのレッスンを終え、帰宅する。彼の家には、彼が長年愛用しているスイミングキャップやゴーグル、そして彼が毎日のように使うシャワーヘッドなど、彼の日常生活を象徴するアイテムが散らばっている。しかし、この日、それらのアイテムが彼の命を奪う道具へと変わる。

彼がシャワーを浴びている最中、シャワーヘッドが突然壊れ、強力な水流が彼をプールサイドへと押し出す。彼は驚き、足元が滑り、プールに落ちてしまう。しかし、彼はプロの水泳インストラクター。すぐに立ち上がり、プールから上がろうとする。しかし、その時、彼の足元には、彼が普段使っているスイミングキャップが落ちていた。

本多スイミングスクール:死の運命からの逃走

彼はスイミングキャップを踏んでしまい、再び滑ってしまう。しかし、彼はすぐに立ち上がり、再びプールから上がろうとする。しかし、その時、彼の頭上には、彼が普段使っているゴーグルが落ちてきた。ゴーグルは彼の頭を直撃し、彼は意識を失ってしまう。

彼はプールの底に沈んでいく。しかし、彼は水泳のプロ。彼は意識を取り戻し、再びプールから上がろうとする。しかし、その時、彼の足には、彼が普段使っているプールのラダーが絡まっていた。

死亡:運命の死

彼はラダーを解こうとするが、その間にも彼の体力は尽きていく。彼は最後の力を振り絞り、ラダーを解こうとするが、ついに力尽きてしまう。彼の体は静かにプールの底に沈んでいく。そして、彼の命は、彼の日常生活の一部だったアイテムたちによって、奪われてしまった。

※本記事はフィクションです。実在の人物や団体とは一切関係ありません。