water

セブンの温かい水で粉(乳児用)ミルクは作れるのか調査!

  • 2022年2月19日
  • 食品
  • 6view
water

セブンイレブンで「温かい水」が販売されだしましたね!

温かいミネラルウォーターということで、歯列矯正をされている方や冷たい水が苦手な方には重宝しそうですね♪

さらに、小さいお子さんがいらっしゃる方からすれば、知りたいことはズバリ「粉ミルク」は作れるのか?ということでしょう!

ということで今回は、セブンイレブンで新発売された温かい水「谷川岳の天然水 ホット用」で乳児用ミルクは作れるのか調べてみました。

セブンの温かい水で粉(乳児用)ミルクは作れる?

結論から言うと、セブンの温かい水を使って直接粉ミルクを作るのは止めたほうがよいです!

温度

一般的にいわれていることは、粉ミルクを作る際は、水を沸騰させた後70℃以上の温水でないといけないということです。

これは、粉ミルクにも菌が含まれているので、かなりの温水で作らない限り熱湯消毒されないということですね。

そして、気になる温かい水の温度はというと、60℃以下に設定されています。

残念ながら、望まれる温度より10℃も下回っているため、そのまま粉ミルクに使用するのは危険ということになります。

成分

温度の話もさることながら、温かい水に含まれる成分についても気を付けなけれけいけません。

温かい水にはカルシウム・マグネシウムといったミネラルも含まれており、粉ミルクに使用する水はミネラルが少ないことが望まれます。

粉ミルクは普通、水道水を煮沸してからそのお湯で作りますね。

一応軟水ということになっていますが、販売会社の方もおっしゃっているように、「かかりつけの医者に相談」するべきです。

よく分からずに粉ミルクを作って、お子さんの体調に異変をきたしてしまえば大変です。

ここらへんは独断で決めてはいけません!

セブンの温かい水について

商品名は「谷川岳の天然水」ということです。

谷川岳といえば、日本百名山のひとつに数え上げられる山ですね。

どっかの山の湧水と聞いただけでも正直テンションが上がってしまいます笑

サイズは280mlで価値段は税込98円と手頃ですね!

今回は、乳児を連れられている方向けとなりましたが、この温水には様々な需要が考えられます。

お酒を飲まれる方ならお湯割りも出来ますし、薬を服用される際は冷水よりは喉に優しいこの商品がうってつけでしょう。

現在は、試験販売ということになっていますが、需要の大きさからしても今後本格的に販売されていくのは自明ですね。

まとめ

今回は、セブンイレブンで新発売の温かい水「谷川岳の天然水 ホット用」で粉ミルクは作れるのか、ということについてまとめてみました。

乳児を連れられている方にとってみれば、今回のような温水を出先で購入してそのまま粉ミルクを調合できればなんと楽なことでしょうか…

残念ながら、現在販売されている温水では粉ミルクを調合するべきではないという結論にいたりましたが、今後さらにニーズを答えるような商品が開発され、ゆくゆくは「出先で粉ミルク調合」が叶う日もやってくるかもしれませんね!

この温かい水が販売されるに至ったのも、世間の需要に答えた結果とのことなので、やはり声を大にして企業さんにアピールすることが必要ですね♪