new-politician7

丸山穂高が所属する政党を調査!高市早苗との関係も考察!

  • 2021年10月4日
  • 2021年10月5日
  • 政治
  • 19view
new-politician7

今回の総裁選で唯一、高市早苗さんに一票を投じたことで一躍話題となった丸高穂高さんですが、お二人はどういった間柄なのでしょうか。
お二人が所属している党は異なるのですが、真相が気になりますよね。

そんな丸山氏が所属している党についても詳しくみていきます。

丸山穂高さんの所属政党

party

丸山氏が所属するのは高市氏が所属する自民党ではなく、「NHKと裁判してる党弁護士72条違反で」という一風変わった名前の党に所属しています。
実はこの党、元は「NHK受信料不払い党」という党名でした。

本党は、NHKをぶっ壊す!でお馴染みの立花孝志さんを代表として結党されました。
ちなみに党名は合計6回も変更されています。

立花氏の「社会情勢に対応してその都度インパクトのある名前にする」という方針に則って幾度に渡って変更されることになりました。

また、立花氏が設立して話題となった「ホリエモン新党」なるものもありましたね。
こちらは”新党”とはいうものの、NHK党の補佐役として新設された政治資金団体となります。
ホリエモンのネームバリューをキッチリきかせた少しヤラシイ団体ですね笑

NHK受信料不払い党の公約

1.NHKの集金業務の違法性を説いて、スクランブル化放送の実現を図る
2.ネットメディアでの誹謗中傷の被害者の救済措置を提供
3.生活困窮者のための相談窓口の設置
4.ベーシックインカム導入の推進
5.税率を下げて、税収を上げることによって経済の循環を促進する
6.政治献金を拒否し、出来るだけ選挙にお金をかけない
7.不合理な居住要件の撤廃を推進
8.被選挙権の年齢制限の引き下げを推進

NHK受信料不払い党の名称変更の裏話

現在の党名もなかなか稀有でトリッキーですが、これまでに立花氏が試みてきた改名のエピソードがかなりおもしろいものでした。

まず最初に、立花氏はゴルフ場の利用税の撤廃を求めて「ゴルフ党」に改名する意向を示しました。
大学のサークルかよって感じです笑

しかし、気が変わったらしくゴルフ党への改名は取り下げました。
お次は、「民主党」に改名すると発表されました。
当然のことながら総務省から、同じ略称を使用している既存の党が2つあるという理由で、却下されています。

そして、「NHKから自国民を守る党」に改名した上で、略称を「自民党」にしてもらうように総務省に申し出たところ、総務省に拒否されました。
これに対して立花氏は、訴えることも辞さない姿勢を示しました。

略称の不受理を受けた立花氏は、そのまま納得できずに強引に略称変更を試みましたが、選挙管理委員会によって改めて拒否されました。
もちろん却下の理由は、自由民主党の略称と被っているので有権者の混乱を呼ばないようにということですが、立花氏はこれでいけると思ったのがよく分からないですね。

関連記事

今月4日に発足された岸田内閣の下、元防衛政務官の小林鷹之氏(こばやしたかゆき)が初入閣することが明らかとなりましたね。彼の現在の役職や所属している派閥について気になる方もいますよね。今回は小林氏の役職や派閥、さらに現在調整中[…]

japanesemark

丸山穂高と高市早苗の間柄

丸山氏と高市氏は両者衆議院議員でありながら所属する党自体も違いますが、これまで政策などでご一緒になることはなかったようです。

つまり、今回の話題が上がるまで、お二人の接点はとくに無く、関係性もほとんどなかったと思われます。

Twitterにご自身であげられていた動画内で、「高市さんの印象」について語っていたことからも、選挙当日に初めて邂逅したと思われます。

結局、丸山さんが一票を高市さんに投じた理由は、他の3人の政策が気に食わなかったことと高市さんの印象が良かったことがマッチしたからということでしょう。

関連記事

岸田文雄氏が新総裁(首相)となりましたね!しかし、選挙で火花を散らした他3人も岸田さんのことを慕われているようで、彼が選出されたことを友好的に受け止めており、それぞれで後押しする意向を示しています。首相が変わり、現在の内閣や[…]

president